体外受精の登場が、当初「試験管ベイビー」とネーミングされたように、たいへんセンセーショナルなものだったのとは対照的に、顕微授精の登場は静かなものでした。

しかし、私は顕微授精もまた、体外受精同様、革命的な医療だと思います。

顕微授精の登場は、男性不妊の多くのケースに妊娠を可能にする「福音」として迎え入れられました。

体外受精がそれまで不可能であった卵管因子の妊娠を可能にしたように、顕微授精は男性因子による不妊に革命的ともいえる変化をもたらしたわけです。

顕微授精はこれまでいくつかの改良が加えられました。

そして、1992年に登場した、卵子に細い注射針を刺して細胞質の中に直接1個の精子を注入する「卵細胞質内精子注入法(ICSI)」が、それ以前の透明帯と卵細胞膜の間に複数の精子を注入する方法(PZD、SUZI)より妊娠率が格段に高く、あっという間に顕微授精のグローバル·スタンダード(世界標準)になりました。

現在では、顕微授精=ICSIと考えて差し支えありません。

たいへん大雑把な言い方をすると、精液中の精子の数が1ミリリットルあたり1千万を切ると、人工授精でも妊娠が難しく、100万を切ると体外受精をおこなっても妊娠は困難といわれてきました。

しかしこの1CS1という方法は、極端な言い方をすれば、1個の健全な精子があれば妊娠を可能にする治療法です。

*受診してまもなく、顕微受精しか方法はないといわれたときはさすがに驚きましたが、どうしてもAmazonのベジママでは効果が感じられずヤキモキしており、1日でも早く子どもが欲しかったため、顕微受精を受けることへの迷いは自分の中では比較的小さかったように思います。

私の場合、不妊治療のハードルを超えた時点で高度生殖医療もクリアしていたように思います。

ただ、しいていえば、経済的な負担が最も苦しいものでした。

医療技術はその有効性が確認されると、急速に適応範囲を広げていくという傾向があります。

体外受精も当初の卵管因子による不妊から、種々の疾患、病態による不妊へと適用範囲を広げていったように、顕微授精も適用範囲を広げていきました。

男性不妊のブレイクスルー(突破口)となった治療法ですが、最近では顕微授精はその適応範囲が、女性因子の場合や機能性不妊(原因不明不妊)にも広がっています。

たとえば、通常の体外受精を何度おこなっても受精、妊娠しない場合などでこれは卵子の外側を包んでいる透明帯というゼリー状の膜が硬く精子が通過できない場合が多いと考えられています。

また、当初通常の体外受精のスケジュールを予定していても、採卵当日の男性側の精液所見が思わしくなければ、急きょ顕微授精に変更するということも日常的におこなわれています。

その結果現在では、高度生殖医療によって生まれてくる子の3人に1人以上が、顕微授精によって誕生しているといわれています。

さらに顕微授精が革命的だといえるのは、無精子症の場合のかなりの割合で、妊娠を可能にしたことです。

無精子症には、まったく精子が造られない場合と造精はあってもその精子が体の外に出て来られない場合があります。

造精がなければ、第三者からの精子の提供を受けることになりますが、後者の場合は閉塞性無精子症と呼ばれ、睾丸(精巣)もしくは精巣上体に泌尿器科的なアプローチをおこなうことで直接精子を採取し、顕微授精をおこなうということが可能です。